吉田歯科クリニック

ネット予約24時間受付

一般歯科 小児歯科 インプラント 訪問歯科 日曜診療 大阪府堺市西区 吉田歯科クリニック

日曜診療・訪問診療/ご予約・お問い合わせはこちらへ

 

 

HOME»  ブラキシズム

ブラキシズム(歯ぎしり)について

歯ぎしり(歯軋り)やくいしばりは無意識にすることが多く、また日によって変動が大きいため、気づいてない人が殆どです。

以下に当てはまる項目が多いほど、歯ぎしりやくいしばりをしている可能性が高いといえます。

 

歯ぎしりのチェック表

a 歯ぎしりをしていると、家族や友人から指摘されたことがある
b 集中しているとき(車の運転、パソコンのキーボードを打っているときなど)に無意識にかみしめている
c 肩こり、もしくは頭痛が多い
d 歯槽骨にこぶの様な骨隆起〔外骨症〕がある
e 朝起きた時に口の周囲にこわばりがある、あごが疲れる
f 歯のつけ根が割れている、欠けている
g 歯のかみ合わせの面がかなりすり減っている
h 歯が欠けたり割れたことがある
i 虫歯でもないのに歯がしみる(知覚過敏)

 

一般の85~90%に発現するといわれることから、治療というより上手に歯軋りやくいしばりと付き合っていく必要があります。

 

歯ぎしりの原因

・ ストレス性によるもの、ゆうつうや不安などの心理的なものがある場合
・ 病的な歯が存在する場合
・ 歯を抜きっぱなししているなどかみ合わせに狂いが生じた場合

 

歯ぎしりの治療方法

・ 病的な歯の治療
・ 歯牙の削合などによりかみ合わせを調整する
・ マウスピース(ナイトガード)を装着する方法が効果的です
(健康保険が適用されます)

 

歯ぎしりの治療方法